マイクロマウス

2011年10月25日 (火)

漏れるぐらいの磁束が欲しい!

全日本大会まで残り1ヶ月の今日この頃。

近況としましては・・・

去年から苦しんでいたハードウェア問題の原因も分かったので、その対策を施しました。

この話はまたいずれ・・・

このあたりが東日本地区大会あたりの出来事。

しかしながら、またよく分からない問題が・・・

とりあえず、これかなという原因も分かったような気がする(?)

この話もまたいずれ・・・

それが東北地区大会後。

で今。

これだけです。

やばいです。



やばいです、研究。。。

助けて~~~



そうそう、最近バイト始めました。

 

2011年7月17日 (日)

もう7月中旬・・・

基板加工機が直ったので、加工してきました。


Cimg0085_2


2011年4月21日 (木)

〆切に向けて。

ただのSensor基板。


Sensor_2


ただそれだけです。


2011年3月14日 (月)

迷路は大丈夫

みなさま、お疲れ様です。

先日の地震ですが、とりあえず迷路は大丈夫でした。
柱が一本割れてたぐらいです。
とりあえず、報告しておきます。気になってる方がいるかと思いますので。

これから生活にいろいろと不便があるでしょうが、被災者の方々に比べたら、なんのそのです。

節電を心がけます。

2011年3月 9日 (水)

ちょっと更新

月曜日に実家から帰ってきました。

ということで、マウス活動も再開。

とりあえず新しい子を製作します。

KH39シリーズのバイポーラタイプのものを使用することにします。
ドライバは決定ではないですがA3987あたりにしようかと。

最近気付いたのですが、日本サーボとかオリエンタルモータは
ユニポーラよりバイポーラのほうが巻線抵抗が小さいんですね。

知りませんでした。


2011年2月12日 (土)

今年の地区大会・・・ (修正・追記あり)

今年はどこの地区大会へ参加しようか?

もちろん東日本地区には参加するとして、
遠方はどうするか?

去年は北陸信越地区に参加。
中部地区にも参加しようと思っていたが、新機体製作が間に合わず断念。
というか、北陸信越にも間に合わなかったんですけどね・・・


で、今年は・・・
なんとなく、東北地区に行きたいかな~。
大会後の懇親会での食事がおいしそうなので( ^ω^ )

あと中部地区にもやっぱり行きたいかな~。
名古屋って行ったことないし、手羽先とか味噌カツとか食べたい( ̄▽ ̄)

で関西地区は中部に行くとしたらいいかな。
地理的に・・・。

あと北陸信越地区はどうかな?
今度の会場が何やら・・・ 地理的にも行ったことないし、なんとなく行きたいかも(゚ー゚)

九州地区は・・・
遠いからいいや(^-^;



何にせよ、各地区大会の日程がどうなるかだな。


某所によると北陸信越地区の日程がだいたい決まりつつあるようで・・・
去年は10月上旬だったのが、今年は5~6月だとか
(変わった模様です。8月にするとか・・・。また変更されるかも。)
しかも、今度は新潟ではなくて金沢らしい。ここら辺に開催するのはほぼ決まりなようで。

(一応言っておきますけど、正式な公表があったとかではないので)

そろそろ大会に向けて動かないといけない!?

2011年1月25日 (火)

はぁ~

今日はちょいといろいろあって、マウスのデバック。


はぁ~

探索でこけたよ(脱調した)

はぁ~も~なんだかな~


もしかしたら、これから製作する新入生用マウスの方がいいんじゃね。
てかっ、一つ前のマウスのパラメータに勝ててないんですけど・・・

まぁそりゃ調整に注ぎ込んだ時間がまだまだなのだからしょうがないけど・・・

素直じゃないな~ おまえ。

まだまだおれの知らない秘密が沢山あるのかい?
隠さずに教えてくれよ!お願いだから。。


まだ信じていいですか?


2011年1月23日 (日)

じゃまだな~

ニューテクノロジー振興財団HPで全日本大会のレポートが挙がっていた。

http://www.ntf.or.jp/mouse/micromouse2010/2010report.html


やっぱり、RobotWatchの記事はいいですね。
でも「E」がなかった。おしい。

---

私はハーフサイズ競技(決勝)を見ていない。
観客の数が多くて、ちゃんと見れそうになかったし、
試走用迷路が空いていたので自分のマウスを走らせて遊んでいた。
(もっと言うと、途中途中で歓声があがる中でチンチラ先輩と昼飯を食いに会場傍のカフェへ・・・)

でも、あの長い斜め区間を走り抜けるマウスは生で見たかったですね。
ちょっと後悔。
斜め走行も凄いですけど、
スラロームであの長さを走りきるのはすごいなぁ。かっこいいです。

走ってみてぇ


あと後悔はクリッパー。
今大会のは全く見ていない。
あの人が優勝するだろうと思っていたし、トレーサーの決勝もあったので・・・
でもレポートを見る限りでは、面白かっただろうなと。
次回は見よう!
それにきっと、hata君が出場してくれるだろうし!



-------


今日は次に製作するマウスのモデルをどうしようか考えていた。
これにしようと!と決めたものの、よくよく考えてみれば、LCDの存在を忘れてた。。。

くそっ じゃまだぜ。


2011年1月10日 (月)

まだなおってないかも・・・

年末にプチ*プチコンを行いました。
私の順位は7人中4位。

走行中はMyマウスに関してなどを話してください、
と言ってしまった手前、自分の走行中は出来るだけしゃべるようにしてました。

しゃべるのに集中してしまったためか、自分のマウスが明らかな最短経路を走っていないことに気付かず・・・

3走目が終わってから、チンチラ先輩に「重ね探索して最短経路を走らせないの?」と言われてやっと気付きました。
「あー、そうですね。」
とそっけなく返事をしましたが、「えっ!マジかっ!!」みたいな心境でしたよ。


いやー、スタート直後のあからさまな部分だったんですが、全く気付きませんでしたね。
前々から思っていたけど、自分は二つ以上のことを同時にやれない人間らしいです。
痛感しました。
どこぞの先輩方のように、いろんなことをやれるマルチプレイヤーになりたいです。




まぁそんなことはどうでもよくて、重ね探索をした4走目が問題。。。

ちゃんとスタート直後の最短経路を走ったはいいんですが、
その後でこけた!

これが問題。
あのときは、何でもなかったかのように5走目に移ってしまいましたが
(自分もしばらくは「あれっ」ぐらいにしか考えてませんでしたが・・・)、
だんだん「あれ?あれれれ?」と内心焦りだしました。。。


なおったと思っていた不調が実はまだなおっていないのかもしれない。
このブログではまだ書いていませんが、私のマウスは探索中にこける(脱調する)ことが多いのです。
全国大会でもそれが原因でリタイアでした。


大会後に色々調べて、決定的な間違いを見つけて、
先輩方にはなおったぜ、と言いましたが、もしかしたらまだかもです。


あのときのこけた場面をもう一度確認したい。。。
ちゃんとデジカメで撮っていればよかった、と後悔してます。



---
ちなみに5走目は3走目までの経路で2次走行(ノ∀`) アチャー
たしか、失敗したはず。
これを書いてて思ったけど、私のマウスはゴールまで到達しないと、
いくら最短経路を探索走行で割り出せていたとしても、2次走行で最短経路を走ってくれません。
これに今頃気付きました。

このブログをやり始めて良かったです。
あとで、それは改善しときます。



さぁ、製図~製図~っと。

2011年1月 8日 (土)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

年末年始は実家でゆっくり過ごしました。
ただ、やるべきことをやらずに過ごしてしまったので、これからが大変そうですが、のんびりやっていけたらと思います。
今年の目標・抱負はまた後日にでも書こうと思います。

さて、サークルブログでも書いたのですが、去年におこった話を一つ。
なるべく、H(弟さん)先輩のようにサークルブログのほうにも書いて、自分のブログにも書く方向でいこうと思います。

さて、私が去年に製作したマウス(ステッパマウス)には昇圧回路を取り入れています。

Cimg0161_3   

<右写真>

モータドライバSLA7062Mと電解コンデンサの間に
あるのが、今回使用した昇圧IC「LM2577S-ADJ」。






Cimg0162_2




コイルは基板下に配置。






昇圧ICには千石で購入できるDIPをと思いましたが、基板加工によるプリント基板なので、DIPではなく面実装形(LM2577S-ADJ)をDigikeyでわざわざ購入することにしました。

で、届いたのがこれ↓

2261_2

「え!? なんだこれ!!」

見たとたんに、驚きと焦りが・・・
自分は間違ったものを頼んでしまったのか?
いやそんなはずはないっ!
ちょっと興奮していたのか、近くにいた先輩に
「これ違いますよね!」
と興奮気味の大きな声で聞いたのを今でも鮮明に覚えています。

で、結局のところ・・・

私は間違っていなくDigikey側の不備で、
届いたものは誤品で、加速度センサー「ADXL322JCP」でした。

驚いたのが、誤品だったというのあるんですけど、包装袋に表記されている部品名はちゃんと注文したものだったんです↓。

2262_2

マジか!
こんなこともあるんですね。


------

さて、誤品だったので、Digikeyに文句を言いました。
確か・・・・
「間違った部品が送られてきた。すぐに必要なものだったので非常に困っている。迅速な再発送をお願いします。」
みたいなことを書いてまず送った気がします。

すると翌日の昼頃に、メールで連絡があり、

・誤品と判断した理由、デジキーのラベルには何が記載されているか(写真があるとうれしい)、手配は代品か返金のどちらを希望しているか

などの数点に関して尋ねられました。

そして、それらに回答してから3時間後にDigikey側から、
お詫びと再発送の手配をしました、との連絡があり、ひとまず落ち着いたという流れです。


それにしても、誤品だったのはいただけないですが、Digikey側の再発送までの対応が早くて有難かったです。
見習わないといけないですね。

--------


さて、今回の話題で何が言いたかったのかというと、
皆さんも気を付けてくださいね!
特に、電子部品を大量に購入していて、いざというときに備えている方々は。
もしかしたら、いざ!と思ったら、あれれ?なんてことになるかも。



あの件がおきてから、購入後はしっかりと中身をチェックするようになりました。

-------
ちなみに、左が注文した昇圧ICで右が誤品。

2263_2

あと、誤品だった加速度センサーは回収不要とのことでしたので、しっかり頂きました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー