« Nexus7のケース(つづき) | トップページ | ピン配置 »

2012年12月11日 (火)

マイコンボード作り

12月になり、就職活動という謎のイベントが始まりました。
働きたい場所に行けるといいですね。


さて、最近はマイコンボードの自作に取り組んでいます。

マイコンはルネサスのRX62T(64pin)です。
このボードはCanSatに使うつもりで設計しています。
前回のCanSatではSTM32F1シリーズを使っていましたが、今回はルネサスマイコンです。
なぜにルネサスかというと、チームリーダーがルネサスにしようという言うからです。
まぁ私にも色々と考えもあって、RX62Tにしました。

そのリーダーとかがボードを個人的に欲しいと言っているので、なるべく汎用的なボードにしようと思ったり、思わなかったり。

進捗状況はまだEagleでの設計段階で、コネクタのピン割り当てを考えています。
自分だったらこういうボードが欲しいかな、というのを考えながら作っています。
とりあえずモジュール(もっといえばチャンネル)を意識しています。

発注先はどこにしようか迷ってますが、FusionPCBでいいかなと。
安さ重視です。
枚数が多くなれば、面付けを考慮して他のメーカーを選ぶこともできますが、そこまでの枚数にはならないでしょう。


当分はマイコンボードの進捗報告をしていければと思っています。

« Nexus7のケース(つづき) | トップページ | ピン配置 »

ロボメカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1447624/48291027

この記事へのトラックバック一覧です: マイコンボード作り:

« Nexus7のケース(つづき) | トップページ | ピン配置 »