« Nexus7のケース | トップページ | マイコンボード作り »

2012年11月22日 (木)

Nexus7のケース(つづき)

前回の記事のつづき。。。

Nexus7のケースを購入したものの、不具合がでました。
現状だと、本体の裏からでもマグネットスイッチが働いてしまいます。
これをどうにかしないと、持ちにくいため折角のスマートさが台無しです。

さて、どうするか。
考えられる方法は幾つかに限られるような気もします。
たぶん

① 違うものを購入する
② マグネット(ケース側)を磁力の弱いものに取り換える
③ 本体裏側に厚みのある物をおく
④ 本体裏側に磁場の遮蔽物をおく
⑤ 本体を改造する

あとは何かあるかな?

まず、①は。。。次に買ったケースが使える保証もありません。
少し値段を張れば、良いものが買えるかもしれませんが。

②は、交換することで変化がでるかと思います。
ただ、どのぐらいの磁力をもつマグネットを使えばいいのか分からないのが面倒ですよね。
幾つか購入して試していく方法もありますが、格好良くない。

③は、マグネットと本体の距離を長くする方法です。
磁力が距離の二乗に反比例するという原理を利用します。
簡単にできると思いますが、本体の薄さと軽さが失われてしまう気がします。
見た目も良くないでしょうね。

④は、磁場を吸収する何らかの遮蔽物を本体裏におけば、たぶんOKでしょう。
透磁率の高い素材を使えば、高確率で成功すると思います。
見た目も考えて薄い物が入手できるかが鍵でしょうか。

⑤は・・・ いくら何でもやりません。


ということで、私は④をやってみました。


遮蔽物は透磁率の高い鉄とかを買えば問題はないはずです。
ちなみに、アルミとか銅は透磁率が低すぎるので効果はないでしょう。
さて、どこで入手するか。
ホームセンターに行けば何かは買えるはず。


と思ってましたが、ホームセンターに行かなくても、良いものがありましたよ( ^ω^ )
じゃーーん↓
5

100円ショップでこんなものが売っていました。
定規の縁にステンレスが付いてるようです(決してUSB端子なんてものは付いていません)

このステンレスを定規から剥がすとこんな感じ↓

6

薄くていい感じだったので、これを使うことに決めました。
これを、ケースに張るかケースの中に埋め込め(?)ばOKです。

ケースに張っても本体に隠れるので、見た目は問題ないかと思いましたが、
今回はケースの中に入れてみたいと思います。
やってみました↓

① ステンレスを入れるために、ケース縁の糸を切る

7_2

② ステンレスを必要な分の長さに切る

8
③ ステンレスを入れて、ケース縁を縫って元に戻す
9
これで終わり。
裁縫が得意な人はすぐ終わるでしょう。私は時間がかかりました。


早速、効果の程を確認してみました↓

10
やったぜ!人間失格だぜ!!(成功です)
こうして平穏でスマートな生活が私にもやってきました。

めでたしめでたし。

« Nexus7のケース | トップページ | マイコンボード作り »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1447624/47929075

この記事へのトラックバック一覧です: Nexus7のケース(つづき):

« Nexus7のケース | トップページ | マイコンボード作り »